Hatena::Groupnadesiko

99円のへたれ学習帳

2008-09-20

相対パスを展開

| 19:14

質問掲示板に絶対パス→相対パスの質問がありました。では、逆はどうやればいいのかと思って調べてみたら、APIあるんですね。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb773571%28en%2dus%2cVS%2e85%29%2easpx

http://nienie.com/~masapico/api_PathCombine.html

MSDNにはなぜか日本語の資料がありません・・・

●PathCombine({参照渡}Dest,{参照渡}Dir,{参照渡}File) =DLL("shlwapi.dll","LPCTSTR PathCombineA(LPTSTR Dest,LPCTSTR Dir,LPCTSTR File)")
●パス結合(DirとFileを)
	Destとは文字列
	Destに2048を確保
	PathCombine(Dest,Dir,File)
	Destで戻る
"c:\aaa\bbb\ccc"と"..\d\e\..\test"をパス結合して表示

例によって「パス結合」はPathCombineのラッパーです。絶対パスと相対パスを与えると、展開された文字列が帰ってきます。

これ、標準命令に入れてくれませんか?

素でないと思ってましたorz

 U D U D 2008/09/20 20:42つまり「相対パス展開」じゃないですかね?

kyuuzyuu9yenkyuuzyuu9yen2008/09/21 13:47なんとなくAPIの名前に合わせましたが、確かにそのほうがわかりやすいですね。命名は難しい・・・