Hatena::Groupnadesiko

そっとなでしこ RSSフィード


メインのブログに書くまでもない、なでしこ学習帳【記事一覧】 【このブログは何?】


特設!→【目次】なでしこ用Twitter 連携ライブラリ「なこったー」で遊ぶ


2012-05-29

コマンドライン引数付きで、nakoファイルを呼び出す

| コマンドライン引数付きで、nakoファイルを呼び出す - そっとなでしこ を含むブックマーク はてなブックマーク - コマンドライン引数付きで、nakoファイルを呼び出す - そっとなでしこ

 めったに使わないので、たまに使うと毎ググって調べてしまう。こで備忘録的にメモ

 日本語プログラミング言語「なでしこ」 の「*.nako」ファイルをコマンドライン引数付きで呼び出す方法を、以下の2つの場面について。

2012-05-23

はてなダイアリーAtomPubを使い、投稿日時を指定して記事を投稿する

| はてなダイアリーAtomPubを使い、投稿日時を指定して記事を投稿する - そっとなでしこ を含むブックマーク はてなブックマーク - はてなダイアリーAtomPubを使い、投稿日時を指定して記事を投稿する - そっとなでしこ

 はてなダイアリーAtomPub を使って日記エントリーを投稿する場合、投稿日時を指定することが可能であると、はてなが公開している技術者向け情報には書かれている。コレクションURIに対してリクエストXML文書をPOSTする際に、updated要素に投稿日時が指定できるのだ。

updated要素 日記エントリーを投稿する日時を指定します。この指定を行わなかった場合、投稿を行った日時が利用されます。


続きを読む

2012-05-20

【目次】はてなダイアリーAtomPubを使ってみたのだが、もう俺は限界かもしれない(打ち切り予定)

| 【目次】はてなダイアリーAtomPubを使ってみたのだが、もう俺は限界かもしれない(打ち切り予定) - そっとなでしこ を含むブックマーク はてなブックマーク - 【目次】はてなダイアリーAtomPubを使ってみたのだが、もう俺は限界かもしれない(打ち切り予定) - そっとなでしこ

 ちょっとしたツールを作りかけて途中で放り出そうとしているのだけど、色々と得る事があったので約1年ぶりにこのブログを更新し、情報を残しておきたい。

【どんな人が対象?】

 これから書く一連の記事の対象となる読者は、以下のような極めてニッチな層である

 ただし、投稿日時を指定する機能の必要性が無い、つまり投稿日時が現在の日時と一緒で問題無いという場合は、はてなダイアリーAtomPubを使ったツールではなく、メール投稿するツールを作ることをオススメしたい。メール投稿の方が、同等の機能をずっとシンプルなプログラムで実現できると思う。

 また、投稿日時を指定する機能の必要性は無いけど、どうしても、はてなダイアリーAtomPubを「なでしこ」で使ってみたいという人は、kkk6さん のソースコードを参考にするのが近道。


 WSSE認証のシンプルなサンプルを見たい場合は、こちらの記事が参考になる。

【目次】

■はてなダイアリーAtomPubドキュメントの落し穴

 はてながHatena Developer Center で公開している「はてなダイアリーAtomPub」に関する技術文書は充分な管理がされておらず、内容の違い(投稿日時を指定した投稿etc)や説明不足、現状には即していない古い情報がある。はてなダイアリーAtomPubの利用者がつまづきそうな点(つまり、実際に私が悩まされたポイント)について、技術文書の内容を訂正したり、補足できる事をまとめ、記録に残しておきたい。

■「なでしこ」で、はてなダイアリーAtomPubを使う際の注意点

2011-05-22

「なこったー」でブロックする

| 「なこったー」でブロックする - そっとなでしこ を含むブックマーク はてなブックマーク - 「なこったー」でブロックする - そっとなでしこ

 日本語プログラミング言語「なでしこ」用Twitter 連携ライブラリ「なこったーの「ブロック」関数を使用し、Twitter APIの「blocks/create」 APIを呼んでみるサンプルです。

続きを読む

2011-05-20

「なこったー」で自分がブロックしているユーザーの一覧を取得する

| 「なこったー」で自分がブロックしているユーザーの一覧を取得する - そっとなでしこ を含むブックマーク はてなブックマーク - 「なこったー」で自分がブロックしているユーザーの一覧を取得する - そっとなでしこ

 日本語プログラミング言語「なでしこ」用Twitter 連携ライブラリ「なこったーの「ブロックユーザ一覧取得」関数を使用し、Twitter APIの「statuses/user_timeline」 APIを呼んでみるサンプルです。

続きを読む