Hatena::Groupnadesiko

そっとなでしこ RSSフィード


メインのブログに書くまでもない、なでしこ学習帳【記事一覧】 【このブログは何?】


特設!→【目次】なでしこ用Twitter 連携ライブラリ「なこったー」で遊ぶ


2010-09-05

「なこったー」で取得するTwitter APIの戻り値(user要素)

| 「なこったー」で取得するTwitter APIの戻り値(user要素) - そっとなでしこ を含むブックマーク はてなブックマーク - 「なこったー」で取得するTwitter APIの戻り値(user要素) - そっとなでしこ

 日本語プログラミング言語「なでしこ」用OAuth認証対応twitterライブラリー「なこったーでは、Twitter APIへの問い合わせに成功した場合に取得した値は、ハッシュテーブルの配列に格納されて戻ります。

 Twitter APIからの応答の内、ユーザーに関する情報(user要素)のハッシュテーブルの項目は以下の通り。

ハッシュキー説明
idユーザーのID番号。ユーザー名(screen_name)を変更してもID番号は変わらない
screen_nameユーザー情報で設定した「ユーザー名」
time_zoneユーザー情報で設定した「タイムゾーン」
utc_offsetUTCとの(単位は秒)
langユーザー情報で設定した「言語選択」
geo_enabledユーザー情報で「ツイートに位置情報を付ける」を有効にしているか否か(はい/いいえ)
protectedツイートを非公開にしているか否か(はい/いいえ)
created_atアカウント取得日(英文形式&UTC)
nameプロフィールで設定したユーザーの「名称」
locationプロフィールで設定したユーザーの「現在地」
urlプロフィールで設定した「Web」のURL
descriptionプロフィールで設定した「自己紹介」文
profile_image_urlプロフィールで設定したアイコン画像のURL
profile_use_background_image背景画像を使用するか否か(はい/いいえ)
profile_background_image_urlデザインで設定した背景画像のURL
profile_background_tileデザインで設定した「背景画像をタイルする」か否か(はい/いいえ)
profile_background_colorデザインで設定した背景の色(RGB16進数)
profile_text_colorデザインで設定したテキストの色(RGB16進数)
profile_link_colorデザインで設定したリンクの色(RGB16進数)
profile_sidebar_fill_colorデザインで設定したサイドバーの色(RGB16進数)
profile_sidebar_border_colorデザインで設定したサイドバーの輪郭の色(RGB16進数)
statuses_countツイート数
friends_countフォローしている数
followers_countフォローされている数
listed_countユーザーをフォロー中のリストの数
followingフォロー中か否か(はい/いいえ)
favourites_countお気に入り(favourite)の数
verified有名人や著名人など認証済みアカウントか否か(はい/いいえ)
contributors_enabled複数人管理"Contributors"機能が有効か否か(はい/いいえ)
notificationsIMを使っているか否か→この試験機能
follow_request_sent不明。非公開である当該ユーザーに対してフォローリクエスト対してを出しているか否か?
show_all_inline_media不明。→参考

【追記】ユーザーに関する情報(user要素)を戻り値として受け取るサンプル

 Twitter APIの戻り値としてuser要素を受け取るサンプルコードは、以下の記事を参照。


【参考リンク】


「なこったー」で取得するTwitter APIの戻り値(status要素)

| 「なこったー」で取得するTwitter APIの戻り値(status要素) - そっとなでしこ を含むブックマーク はてなブックマーク - 「なこったー」で取得するTwitter APIの戻り値(status要素) - そっとなでしこ

 日本語プログラミング言語「なでしこ」用OAuth認証対応twitterライブラリー「なこったーでは、Twitter APIへの問い合わせに成功した場合に取得した値は、ハッシュテーブルの配列に格納されて戻ります。

 Twitter APIからの応答の内、ツイート(=status)に関する情報のハッシュテーブルの項目は以下の通り。

ハッシュキー説明
idツイートのステータスID
text投稿したテキスト
created_at投稿日時(英文形式&UTC)
user投稿したユーザーの情報が二次元ハッシュで。詳細は別表で→(user要素)
truncated投稿が(140文字オーバーで)省略されているか否か(はい/いいえ)
favoritedお気に入り登録済みか否か(はい/いいえ)
source投稿したアプリケーション名
contributors複数人管理"Contributors"機能が有効なアカウントでの投稿者アカウント→
retweeted不明。RTされてるか否か?
retweet_count被RT数←現在稼動していない
retweeted_statusツイートがRTだった場合のみ存在。RT元のツイート情報(status要素)が入れ子状に。
in_reply_to_status_id返信ツイートで、尚且つ返信先が指定されていた場合の返信先ステータスID
in_reply_to_user_id返信ツイートの場合、返信先のユーザーのID番号
in_reply_to_screen_name返信ツイートの場合、返信先のユーザーのスクリーン名
coordinates緯度、経度
geo位置情報(Geotag)
place不明。位置情報タグ(Twitter Places)?→

【追記】ツイートに関する情報(status要素)を戻り値として受け取るサンプル

 Twitter APIの戻り値としてstatus要素を受け取るサンプルコードは、以下の記事を参照。


【参考リンク】