matumatuのなでしこ学習帳

2008-01-01あけまして、おめでとうございます

次に、なでしこ本 P.110を参考にして、計算結果を大きな

02:34

数字で表示するように改造した。

下記のプログラム「 計算式A.nako 」、「 計算式2A.nako 」は、改造版です。


# なでしこ本 P.110を参考にして、文字を大きく表示

文字書体は「MS 明朝」
文字サイズは64

A = (500×2+350×1+1000×3+900×2)÷3
Aを表示。

# なでしこ本 P.110を参考にして、文字を大きく表示
# このプログラムは、典型的な日本語プログラムの特徴が表れているので、
# 改造も、日本語プログラム的な表現にしました。

文字書体は「MS 明朝」
文字サイズは64

ビールは、500円
ウーロン茶は、350円
パスタは、1000円
ピザは、900円

人数は、3人

合計金額は、ビール×2+ウーロン茶×1+パスタ×3+ピザ×2

ワリカン額は、合計金額÷人数
「ワリカン額は、{ワリカン額}円です (^^;)」と表示。

  • 動作結果 : 「計算式A」

        正常に、「 2050 」

         と大きく表示された。


  • 動作結果 : 「計算式2A」

        正常に、「 ワリカン額は、2050です (^^;) 」

         と大きく表示された。

         サンプルプログラムが、典型的な日本語プログラム言語の

         特徴が表れていると思ったので、改造方法も、

         日本語プログラム言語らしい改造方法にしました。