matumatuのなでしこ学習帳

2008-02-15本日は、なでしこ本 P.71の学習です

学習レベルを判定した結果 LV = 3: HP = 127 : MP = 300

00:21

  • 完了予想日数 = 474 → 477 悪化
    • 完了予想年月日 = 2009/06/01 → 2009/06/06 悪化
      • はてなカウンター値 = 14439

  いつのにか、14000のキリ番をえていた。 (^_^;)

        • 学習開始日から本日までの日数 =93日

  仕事が忙しいので、数値が悪化した。


下記のプログラム「ランチャー.nako」は、

00:21

なでしこ本CDROM → sample → 03-02

に入っているプログラムです。


# 配列変数『プログラム』に起動したいプログラムを代入
プログラム【0】は「notepad」  # メモ帳
プログラム【1】は「calc」     # 電卓
プログラム【2】は「mspaint」  # ペイント
プログラム【3】は「command」  # コマンドプロンプト

# リスト部品に配列の内容を表示
プログラムリストとはリスト。
プログラムリストのアイテムはプログラム。
プログラムリストをクリックした時は~
  選択プログラムは、プログラムリストのテキスト
  選択プログラムを起動。

  • 動作結果 : 「ランチャー」さすが、

         サンプルプログラムなので、

        「notepad」をクリックすると、メモ帳が起動した。

        「calc  」をクリックすると、電卓が起動した。

        「mspaint」をクリックすると、ペイントが起動した。

         しかし、

        「command」をクリックしても、コマンドプロンプト

         が起動しなかった。 (^_^;)

         起動ない原因を、サンプルプログラムを改造

         しながら、調べて見ることにした。


次に、サンプルプログラムで、コマンドプロンプトだけが起動しないので、

00:21

起動ない原因を調べるための、改造をしています。

さらに、わざと、プログラム【1】を欠番にした場合の表示をテスト

するように改造した。


プログラム名「ランチャーA.nako」

00:21

# 配列変数『プログラム』に起動したいプログラムを代入 (改造版)
# サンプルプログラムで、コマンドプロンプトだけが起動しないので、
# 起動しない原因を調べるための、改造をしています。
# さらに、わざと、プログラム【1】を欠番にした場合の表示をテストしています。
# 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
# cmd.exeはOS/2やWindows NT系、Windows CEに搭載されているコマンドラインインタプリタである。
# MS-DOSからWindows 9xに渡って用いられたCOMMAND.COMと同様の機能を有する。
# cmd.exeはCOMMAND.COMと比べ、相当に機能向上が図られている。
# たとえばパス名補完(Windows XP以前は設定が必要)やsetコマンドでの計算などの機能が追加されている。
# その一方でエスケープシーケンスのように削られた機能もある。
# cmd.exeは後継となるWindows PowerShellに置き換えられる。
# ただし、互換性のために残される予定となっている。

プログラム【0】は「command」    # コマンドプロンプト (改造前)
プログラム【2】は「command.exe」  # コマンドプロンプト (拡張子exeとして起動)
プログラム【3】は「command.com」  # コマンドプロンプト (拡張子comとして起動)
プログラム【4】は「cmd.exe」    # コマンドプロンプト (あきらめて、cmd.exeを起動 (^_^;) )
プログラム【5】は「cmd」      # コマンドプロンプト (念のため、cmdでも起動するかテスト )

# リスト部品に配列の内容を表示
プログラムリストとはリスト。
プログラムリストのアイテムはプログラム。
プログラムリストをクリックした時は~
  選択プログラムは、プログラムリストのテキスト
  選択プログラムを起動。

  • 動作結果 :  の改造プログラムを動作させると

         下記のようになった。

        「command」をクリックすると、何も起こらない。 (^_^;)

        「    」は、プログラム【1】をわざと欠番に

             したので、リスト白になった。

             白部分をクリックすると、

            「ランチャーA.nako」が保存されている

             ディレクトリーのファイル名が全て表示された。 (^_^;)

        「command.exe」をクリックすると、何も起こらない。   (^_^;)

        「command.com」をクリックすると、コマンドプロンプトが、

             一瞬だけ表示される。  (^_^;)

        「cmd.exe」をクリックすると、ようやく正常に

             コマンドプロンプトが表示された。

        「cmd」をクリックすると、正常にコマンドプロンプトが表示された。


  • 上記の学習のまとめ

         1.私のパソコン(XPマシーン)では、

           サンプルプログラムの「command」は、動作しない

         2.わざと、プログラム【1】を欠番にすると、リスト

           になり、白部分をクリックすると、

          「ランチャーA.nako」が保存されている、ディレクトリーの

           ファイル名が全て表示される。

         3.のランチャーは、起動するプログラムの拡張子を

           省略すると「exe」と見なして、起動させると思われる。

         4.このため、「command.com」のように、拡張子が「exe」でない

           プログラムの場合、「command」や、「command.exe」では、

           正常に起動ない

         5.ただし、「command.com」が、MS-DOSからWindows 9xに

           渡って用いられたプログラムなので、OSがWindows 9x

           なら、正常に起動する可能性がある

         6.OSがWindows NT系である、XPマシーンでは、

          「cmd」に改造すると、正常に動作する。


明日の予定

00:21

なでしこ本 P.72に進む予定です。