matumatuのなでしこ学習帳

2008-04-17本日は、なでしこ本 P.117の学習です

f:id:matumatuh18:20080414114834j:image

左:焼きカレー(小) 写中央:チャーハン(並)  写右:カレー(大)


学習レベルを判定した結果 LV = 5: HP = 58 : MP = 500

23:58

  • 完了予想日数 = 407 → 421 悪化
    • 完了予想年月日 = 2009/05/22 → 2009/06/12 悪化
      • はてなカウンター値 = 38937
        • 学習開始日から本日までの日数 =155日

  仕事に忙殺され、なでしこの学習を1週さぼり、

  数値が極端に悪化した。


下記のプログラム「エディタでコピー.nako」は、

23:58

なでしこ本CDROM → sample → 05-03

に入っているプログラムです。


#---エディタ作成
エディタ1とはエディタ
エディタ2とはエディタ
#---イベント
エディタ1をダブルクリックした時は~
  エディタ1を全選択
    エディタ1をコピー。
    エディタ2へ貼り付け。

         サンプルプログラムなので、

         実行すると、

         エディタが2つ、上下に表示され、

         なでしこ本 P.117のとおり、

         上のエディタ1に「なでしこ」と手入力

         した後、ダブルクリックすると、

         下のエディタ2に「なでしこ」と

         表示された。


下記のプログラム「IME.nako」は、

23:58

なでしこ本CDROM → sample → 05-03

に入っているプログラムです。


テストエディタとはエディタ。
テストエディタのIMEは「IMEオン」

  • 動作結果 : 「IME」さすが、

         サンプルプログラムなので、

         実行すると、

         エディタ表示され、

         マウスでクリックすると、

         自動的に、IMEがオンになった。

         こで、なでしこ本 P.117のとおり、

        「あ」と手入力できた。


プログラム名「エディタでコピーA.nako」

23:58

# エディタでコピーA (改造版)
# エディタ1に入力した文字を「test.txt」に、
# 保存するように改造した。

#---エディタ作成
エディタ1とはエディタ
エディタ2とはエディタ
#---イベント
エディタ1をダブルクリックした時は~
  エディタ1を全選択。   # ---- (*1)
    エディタ1をコピー。   # ---- (*2)
    エディタ2へ貼り付け。  # ---- (*3)
	クリップボードを「test.txt」に保存。

  • 動作結果 : の改造プログラムを動作させると、

        エディタ1に入力した文字を「test.txt」に、

        保存できるようになった。

        このテクニックを応用すると、

        なでしこRPGレベル判定プログラム

        の改良(プログラムとデーターの分離)

        や、日記作成支援プログラムを作れそう

        気がします。


次に、日本語入力のIMEを制御できるか

23:58

テストする改造をした。


プログラム名「IMEA.nako」

23:58

# IMEA (改造版)
# 日本語入力のIMEを制御できるか
# テストする改造をした。

テストエディタ1とはエディタ。
テストエディタ1のIMEは「IMEオン」
そのテキストは「IMEは、オンです」

テストエディタ2とはエディタ。
テストエディタ2のIMEは「IMEオフ」
そのテキストは「IMEは、オフです」

テストエディタ3とはエディタ。
テストエディタ3のIMEは「IMEかな」
そのテキストは「IMEは、かなです」

テストエディタ4とはエディタ。
テストエディタ4のIMEは「IMEカナ」
そのテキストは「IMEは、カナです」

テストエディタ5とはエディタ。
テストエディタ5のIMEは「IME半角」
そのテキストは「IMEは、半角です」

  • 動作結果 : の改造プログラムを動作させると、

        なでしこ本 P.118に載っている

        IMEの制御を、5種類テストできる

        ようになった。


明日の予定

23:58

なでしこ本 P.118に進む予定です。