matumatuのなでしこ学習帳

2008-01-01あけまして、おめでとうございます

f:id:matumatuh18:20071229201105j:image

あけまして、おめでとうございます。

01:32

今年も、なでしこ学習帳@はてな

を利用させてもらい、学習にはげみます。


本日は、新年の書き初めを兼ねて、

01:32

プログラミング学習始めです。


新年なので、私の「ひまわり本」と、

01:32

「なでしこ本」も、仲良く揃って挨拶しています。


今年の努力目標

01:32

  1. 平日は、なでしこ本を1日1ページ学習する。
  2. 休日は、なでしこ本を1日2ページ学習する。
  3. 毎月初めに、「なでしこ」メールマガジン上で、

1ヶ月の学習過程を発表する。

以上ですが、仕事に支障が出そうになったら、

さぼる日もあると、思います。

学習レベルを判定した結果 LV = 1 : HP = 62 : MP = 100

01:32

  • 完了予想日数 = 669 → 662 改善
    • 完了予想年月日 = 2009/10/29 → 10/25 改善
      • はてなカウンター値 = 4069 → 4410

休日で、なでしこ本を1日2ページ学習しているので、数値が改善した。

01:32

ただし、1ページ学習するごとに、公表していますので、

タイミングによっては、1日1ページしか学習していないように

見える時帯が生じます。 (^^;)


第1章 基礎編 STEP-4

01:32

関数電卓として使う」を学習した。

下記のプログラム「 関数電卓.nako 」は、なでしこ本CDROM → sample → 01-04

に入っているプログラムです。


(SIN(PI/4)^3+COS(PI/3))/5を表示

  • 動作結果 : 「関数電卓」さすが、サンプルプログラムなので、

        正常に、「 0.170710678118655 」

         と小さな文字で表示された。     


次に、なでしこ本 P.110を参考にして、計算結果を大きな

01:32

数字で表示するように改造した。

下記のプログラム「 関数電卓A.nako 」は、改造版です。


# なでしこ本 P.110を参考にして、文字を大きく表示

文字書体は「MS 明朝」
文字サイズは32

A = (SIN(PI/4)^3+COS(PI/3))/5
Aを表示

  • 動作結果 : 「関数電卓A」

        正常に、「 0.170710678118655 」

         と大きく表示された。

         は、見送りましたが、3行目の文字書体

         4行目の文字サイズを1行でプログラムしているかたが

         おられたので、後日学習するか、参考になるプログラムを

         探そうと思っています。

         どなたか、ご存じのかたは、コメント欄でお教えください。


本日2ページ目の学習として、

02:34

なでしこ本 P.30のプログラムに進みました。


第1章 基礎編 STEP-5

02:34

変数を使いたい」を学習した。

下記のプログラム「 計算式.nako 」、「 計算式2.nako 」は、

なでしこ本CDROM → sample → 01-05 に入っているプログラムです。


(500×2+350×1+1000×3+900×2)÷3を表示。

ビールは、500円
ウーロン茶は、350円
パスタは、1000円
ピザは、900円

人数は、3人

合計金額は、ビール×2+ウーロン茶×1+パスタ×3+ピザ×2
合計金額÷人数を表示。

  • 動作結果 : 「計算式」さすが、サンプルプログラムなので、

        正常に、「 2050 」

         と小さな文字で表示された。     


  • 動作結果 : 「計算式2」さすが、サンプルプログラムなので、

        正常に、「 2050 」

         と小さな文字で表示された。     


次に、なでしこ本 P.110を参考にして、計算結果を大きな

02:34

数字で表示するように改造した。

下記のプログラム「 計算式A.nako 」、「 計算式2A.nako 」は、改造版です。


# なでしこ本 P.110を参考にして、文字を大きく表示

文字書体は「MS 明朝」
文字サイズは64

A = (500×2+350×1+1000×3+900×2)÷3
Aを表示。

# なでしこ本 P.110を参考にして、文字を大きく表示
# このプログラムは、典型的な日本語プログラムの特徴が表れているので、
# 改造も、日本語プログラム的な表現にしました。

文字書体は「MS 明朝」
文字サイズは64

ビールは、500円
ウーロン茶は、350円
パスタは、1000円
ピザは、900円

人数は、3人

合計金額は、ビール×2+ウーロン茶×1+パスタ×3+ピザ×2

ワリカン額は、合計金額÷人数
「ワリカン額は、{ワリカン額}円です (^^;)」と表示。

  • 動作結果 : 「計算式A」

        正常に、「 2050 」

         と大きく表示された。


  • 動作結果 : 「計算式2A」

        正常に、「 ワリカン額は、2050です (^^;) 」

         と大きく表示された。

         サンプルプログラムが、典型的な日本語プログラム言語の

         特徴が表れていると思ったので、改造方法も、

         日本語プログラム言語らしい改造方法にしました。


明日の予定

02:34

なでしこ本 P.31のプログラムに進みます。

ゲスト



トラックバック - http://nadesiko.g.hatena.ne.jp/matumatuh18/20080101