mrのなでしこ学習帳 RSSフィード

2009-06-09

言語を作る

はてなブックマーク - 言語を作る - mrのなでしこ学習帳

くじらさんのプログラム言語の作り方の資料を見ました。(ちょっと前ですが)。いつか、プログラム言語が作りたくなる日がくるとすれば、どういう言語かなぁとちょっと妄想。

  • やっぱり日本語プログラム言語が作りたいかな。
  • プログラムを書く人と、実行するコンピュータとの関係を考えると、コマンド(命令)という用語は使わない方向で。動作? 命令するんじゃない、みたいな。家畜じゃなくてペットで、家族の一員、みたいな?
  • 自然な日本語っぽくすると、自然な日本語じゃないことが気になるので、自然じゃない感じの日本語で。カタカナがロボットぽくていいかな。ぴゅーたになっちゃうか。『「コンニチハ」 ト イウ。』みたいな。
  • カタカナにすれば、日本語になじみの薄い人でも理解しやすくなるし。んな需要があるかどうかはわからないけど。
  • ひらがなより、カタカナの方が文字の形として簡単だし
  • より小さな子供から使えるし
  • 漢字は難しいし
  • カタカナの場合、同音異義語での混乱を防ぐよう、極力注意が必要か。
  • 半角カナ、とかいう掟破りなのはどうかな?ぴゅーたになっちゃうか。
  • 分かち書きがいいと思う。コンピュータも処理しやすいし。カタカナだとどこが切れ目かわかりにくくなるし。
  • あ、でも、カタカナだけでいくと、単語がものすごく長くなって嫌になるかも知れないので、やっぱり漢字は欲しいかも。古い仮名遣いにするのも面白そうだけど、さすがにちょっとマニアックすぎるかな。