mrのなでしこ学習帳 RSSフィード

2010-07-07

コンピューターが自我意識を持つ可能性

はてなブックマーク - コンピューターが自我意識を持つ可能性 - mrのなでしこ学習帳

コンピューターが自我意識を持つ可能性 - BIGLOBEなんでも相談室

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa5372307.html

もちろん自我をどのように定義するかによるわけですが、自我を、自分以外のものが存在するという概念を前提としたロジックに基づき行動する、ということだと仮定すれば、すでにいくらでも存在すると思います。

あとは、入力チャネルと、出力チャネルが人と同じようなものを持って、人いう生物が持つような判定基準を設定して優先順位を決めて、それを最大化するように判断し、行動するようなプログラムを書けば、よりそれっぽい感じになりそうな気がします。

感情や、理不尽な行動などといった要素は、人いう生物が不完全な生き物であるために生まれる要素で、それをシミュレートする必要は別にないようなきもします。逆に、不完全さをプログラムすることはかえって難しいと思うし。

あとは、自己学習について。

ノイマン型コンピュータは指示されたことしかできない、とかいう話を読んだりすることがあるのですが、そうなのかなぁ?

evalが使える動的言語は、自らのプログラムを自分で修正できると思うので、の修正ロジックの選択肢がある程度以上増えたら、それは「指示されたこと」という範囲をそうな気がします。

最低値を設定して、それを上る範囲であれば自由に変数の値をランダムが変化し、のつど達成値判定して、より確実により高い値がだせる変数

範囲をしぼっていくようにプログラムを書けば、それっぽい感じになりそうな気がします。

AIAI2010/07/08 21:38おっ、楽しそうですね~。