Hatena::Groupnadesiko

雪乃☆雫のなでしこ日和

2009-05-12

賞品が届いたよ!

| 01:10

 意外と立派な(失礼;)メダルを頂戴しましたよ!

 実は、ウチの実家の居には、有能な我が妹達の、さまざまなメダルや賞状が飾られているのですが、無能なワタシのものは一つもないのですよ。

 フフフ、こいつを並べて飾ってやろう~。これで姉の権威も復活だね♪

 それにしても、なぜアスターの種なの?!ナデシコの種にすればいいのにw


 さて、UDさまのアドバイスにより引数を指定して、母艦でも表画面でも好きなところに関数を書き換えることなくマウスオーバーボタンが使えるようになりました☆

#-----母艦設計------------------------------------------------
!母艦設計=「母艦の可視はオフ母艦のタイトルは「マウスIN/OUT関数サンプル」
母艦を$FFFFFFで画面クリア母艦のスタイルは「枠固定」
母艦オフに最大化ボタン有効変更。
母艦のクライアント幅は640。母艦のクライアント高さは480。
母艦中央移動
母艦の可視はオン。
#------------------------------------------------------------

#-----ボタン準備----------------------------------------------
裏画面とはイメージの可視はオフの幅は200。の高さは160。

表画面とはイメージの可視はオンの幅は母艦のクライアント幅。
の高さは母艦のクライアント高さ。
のXは0。のYは0。


ボタン幅とは整数=100。
ボタン高さとは整数=40。
ボタン位置Xとは整数=50。
ボタン位置Yとは整数=50。
ボタン隔とは整数=10。
選択ボタンとは整数=0。
前選択ボタンとは整数=0。


4
  塗り色は$888888
  裏画面の0,(回数-1)*ボタン高さからボタン幅,回数*ボタン高さへ四角。
  裏画面の25,(回数-1)*ボタン高さ+10へ「ボタン{回数}」を文字描画。

4
  回数条件分岐
    1ならば
      塗り色は$FFAAAA
    2ならば
      塗り色は$AAFFAA
    3ならば
      塗り色は$AAAAFF
    4ならば
      塗り色は$FFFFAA
  裏画面のボタン幅,(回数-1)*ボタン高さからボタン幅*2,回数*ボタン高さへ四角。
  裏画面のボタン幅+25,(回数-1)*ボタン高さ+10へ「ボタン{回数}」を文字描画。
#------------------------------------------------------------

#-----ボタンを設定--------------------------------------------
選択肢とは配列。 #0ボタン表示位置X、1ボタン表示位置Y、2ボタン幅、ボタン高さ
4
  選択肢¥回数,0はボタン位置X
  選択肢¥回数,1はボタン位置Y+(回数-1)*(ボタン高さ+ボタン隔)
  選択肢¥回数,2はボタン幅
  選択肢¥回数,3はボタン高さ
#------------------------------------------------------------

#-----ボタンを描画--------------------------------------------
#裏画面の0,0を選択肢で母艦へマウスオーバーボタン表示
裏画面の0,0を選択肢で表画面へマウスオーバーボタン表示
#------------------------------------------------------------

#----マウス入力待ち--------------------------------------------
表画面のマウス移動した時は~
#  裏画面の選択肢を母艦へマウスインアウト反映。
  裏画面の選択肢を表画面へマウスインアウト反映。

表画面のマウス押した時は~
  もし、前選択ボタン=0でなければ
    「ボタン{前選択ボタン}をクリック」と言う
#------------------------------------------------------------

●マウスオーバーボタン表示({グループ=?}OBJ1のX,YをAで{グループ=?}OBJ2へ)
  A\0,0=X。A\0,1=Y
  (Aの要素数-1)
    OBJ1のX,Y+(回数-1)*(A¥回数,3),(A¥回数,2),(A¥回数,3)をOBJ2の(A¥回数,0),(A¥回数,1)へ画像部分コピー。

●マウス位置判定({グループ=?}OBJでAの)
  (Aの要素数-1)
    もし、((OBJ→マウスX)>(A¥回数,0))かつ
      ((OBJ→マウスX)<(A¥回数,0)+(A¥回数,2))かつ
      ((OBJ→マウスY)>(A¥回数,1))かつ
      ((OBJ→マウスY)<(A¥回数,1)+(A¥回数,3))ならば
        選択ボタン回数。
    違えばもし、(回数=Aの要素数)かつ(選択ボタン=0)ならば
      選択ボタンは0。
    ここまで

●マウスインアウト反映({グループ=?}OBJ1のAを{グループ=?}OBJ2へ)
  OBJ2でAのマウス位置判定

  もし、前選択ボタン<>選択ボタンならば
    もし、前選択ボタン>0ならば
      OBJ1の(A\0,0),(A\0,1)+(前選択ボタン-1)*(A¥(前選択ボタン),3),(A¥(前選択ボタン),2),(A¥(前選択ボタン),3)をOBJ2の(A¥(前選択ボタン),0),(A¥(前選択ボタン),1)へ画像部分コピー。
    もし、選択ボタン>0ならば
      OBJ1の(A\0,0)+(A¥(選択ボタン),2),(A\0,1)+(選択ボタン-1)*(A¥(選択ボタン),3),(A¥(選択ボタン),2),(A¥(選択ボタン),3)をOBJ2の(A¥(選択ボタン),0),(A¥(選択ボタン),1)へ画像部分コピー。
    前選択ボタン=選択ボタン
  選択ボタン=0
  描画処理反映
#------------------------------------------------------------
トラックバック - http://nadesiko.g.hatena.ne.jp/snowdrops89/20090512