Hatena::Groupnadesiko

雪乃☆雫のなでしこ日和

2017/04/21 (金)

フルスクリーンにしたい!2

| 16:35 | フルスクリーンにしたい!2 - 雪乃☆雫のなでしこ日和 を含むブックマーク はてなブックマーク - フルスクリーンにしたい!2 - 雪乃☆雫のなでしこ日和 フルスクリーンにしたい!2 - 雪乃☆雫のなでしこ日和 のブックマークコメント

 以前、出来そうな気はしてたけど、着手しなかった、APIによるフルスクリーン。

 「SetWindowLong」とゆうので、ウィンドウスタイルの設定が出来るようなので、やってみます。

#-----------------------------------------------------------
#https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc411203.aspx
●SetWindowLong(hWnd,nIndex,dwNewLong) =DLL("user32.dll",
"LONG SetWindowLongA(
  HWND hWnd,       // ウィンドウのハンドル
  int nIndex,      // 設定する値のオフセット
  LONG dwNewLong   // 新しい値
)")
#-----------------------------------------------------------

 設定する値の・・・おふせっとってなんすか;;;

 ・・・どんなデータを書き換えるかを、まずここで指定するってコトらしい。

 どんなデータが書き換えられんのかとゆうと・・・MSDNに色々書いてあっても、何のことやらさっぱりわからない;・・・けど、とりあえずウィンドウスタイルを設定するには「GWL_STYLE」を指定すればよさそう

 GWL_STYLE=-16のようです。

 相変わらず、英語版にだけ値が載ってるとかヤメテ><

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/ms633591(v=vs.85).aspx


 そうして、最後の「新しい値」の部分に、「WS_VISIBLE」的なフラグを設定していく。

 論理和でねwww

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/czada357.aspx

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/ms632600(v=vs.85).aspx


#-----------------------------------------------------------
!GWL_STYLEとは整数=-16     # ウィンドウスタイル
●窓ハンドルスタイル設定(ハンドルをスタイルに)
  SetWindowLong(ハンドル,GWL_STYLE,スタイル)

母艦のハンドルをWS_VISIBLEに窓ハンドルスタイル設定。
#-----------------------------------------------------------

 これで行けるかと思ったら、行かなかった。

 MSDNをようく読むと・・・

ウィンドウデータの中には、キャッシュされており、SetWindowLong 関数を使って
変更しても SetWindowPos 関数を呼び出すまでは有効にならないものもあります。
特に、フレームスタイルを変更した場合は、SWP_FRAMECHANGED フラグをセットして
 SetWindowPos 関数を呼び出すさなければ、キャッシュが正しく更新されません。

 ・・・なんて?ヽ(;´Д`)ノ

 ようするに、SetWindowLongでウィンドウの属性を変更しても、SetWindowPos関数を呼んで反映させるまでは、変更されない・・・的な。

 ここで、前フルスクリーンをやった時に、なんだか分かんないから取りあえず無視した「ウィンドウ位置のオプション」が発生。ここに「SWP_FRAMECHANGED」を指定するとゆうことのようです。

 どうやら、SWP_FRAMECHANGED=$20のようです。

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/ms633545(v=vs.85).aspx

#-----------------------------------------------------------
!GWL_STYLEとは整数=-16     # ウィンドウスタイル
!SWP_FRAMECHANGEDとは整数=$20  # SetWindowLong関数を使用後に新しいフレームスタイルの設定を適用
●窓ハンドルスタイル設定(ハンドルを{数値=0}X,{数値=0}Y,{数値=0}W,{数値=0}Hでスタイルに)
  SetWindowLong(ハンドル,GWL_STYLE,スタイル)
  SetWindowPos(ハンドル,0,X,Y,W,H,SWP_FRAMECHANGED)
  # SetWindowLongによるウィンドウの属性変更を反映させるには、SetWindowPosでSWP_FRAMECHANGEDを指定して反映させる必要ある。
#-----------------------------------------------------------

 できた!

 でもこれは、なでしこ標準のスタイル設定とは併用出来ないもよう。

 なんで、「枠固定」のウィンドウも、SetWindowLongを使って設定してやらなければならない

 何も無いウィンドウにフラグを追加して、足していくイメージ

 最大化ボタンや最小化ボタンはわざわざ外していたくらいだから、このくらいで行けそう

!WS_VISIBLEとは整数=$10000000  # 初期状態(枠なし)で表示。
!WS_CAPTIONとは整数=$C00000   # タイトルバーを持つ。
!WS_SYSMENUとは整数=$80000   # システムメニューボタン母艦のハンドルを0,0,640,480でWS_VISIBLE||WS_CAPTION||WS_SYSMENUに窓ハンドルスタイル設定。

 できた♪

#窓ハンドルスタイル設定
#-----------------------------------------------------------
!母艦設計=「母艦の可視はオフ母艦黒色画面クリア母艦枠固定中央表示。
2秒待つ母艦枠無全画面表示。
2秒待つ母艦枠固定中央表示。
#-----------------------------------------------------------
!WS_VISIBLEとは整数=$10000000  # 初期状態(枠なし)で表示。
!WS_DISABLEDとは整数=$8000000    # 初期状態で非表示。
!WS_CAPTIONとは整数=$C00000   # タイトルバーを持つ
!WS_SYSMENUとは整数=$80000   # システムメニューボタン母艦枠固定中央表示
  母艦の可視はオフ。
  母艦ハンドルをWS_DISABLED||WS_CAPTION||WS_SYSMENUに窓ハンドルスタイル設定。
  母艦のクライアント幅は640。母艦のクライアント高さは480。
    母艦ハンドルを(デスクトップW-母艦の幅)/2,(デスクトップH-母艦の高さ)/2,母艦の幅,母艦の高さでWS_VISIBLE||WS_CAPTION||WS_SYSMENUに窓ハンドルスタイル設定。
  母艦の可視はオン。  #オンにしなくてもウィンドウは表示されるけど、タスクバー表示されなくなる!

*母艦枠無全画面表示
  母艦の可視はオフ。
  母艦ハンドルを0,0,デスクトップW,デスクトップHでWS_VISIBLEに窓ハンドルスタイル設定。
  母艦の可視はオン。
#-----------------------------------------------------------
#https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc411203.aspx
●SetWindowLong(hWnd,nIndex,dwNewLong) =DLL("user32.dll",
"LONG SetWindowLongA(
  HWND hWnd,       // ウィンドウのハンドル
  int nIndex,      // 設定する値のオフセット
  LONG dwNewLong   // 新しい値
)")

!GWL_STYLEとは整数=-16     # ウィンドウスタイル
!SWP_FRAMECHANGEDとは整数=$20  # SetWindowLong関数を使用後に新しいフレームスタイルの設定を適用
●窓ハンドルスタイル設定(ハンドルを{数値=0}X,{数値=0}Y,{数値=0}W,{数値=0}Hでスタイルに)
  SetWindowLong(ハンドル,GWL_STYLE,スタイル)
  SetWindowPos(ハンドル,0,X,Y,W,H,SWP_FRAMECHANGED)
    # SetWindowLongでウィンドウスタイルを変更した後は、SetWindowPosでSWP_FRAMECHANGEDを指定して反映させる必要ある。
#-----------------------------------------------------------
#https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc411206.aspx
●SetWindowPos(hWnd,hWndInsertAfter,X,Y,cx,cy,uFlags) =DLL("user32.dll",
"BOOL SetWindowPos(
HWND hWnd,             // ウィンドウのハンドル
HWND hWndInsertAfter,  // 配置順序のハンドル…?
int X,                 // 横方向の位置
int Y,                 // 縦方向の位置
int cx,                // 幅
int cy,                // 高さ
UINT uFlags            // ウィンドウ位置のオプション
)")

●窓ハンドル位置サイズ設定(ハンドルをX,Y,W,Hに)
  SetWindowPos(ハンドル,0,X,Y,W,H,0)
#-----------------------------------------------------------

※重要!(ワタシ的にw)

 クライアント幅、クライアント高さでウィンドウのサイズを設定したい場合、まずウィンドウスタイルを変更してから設定しないと、枠幅やタイトルバー分サイズがずれてしまう。

母艦枠固定中央表示
  母艦のクライアント幅は640。母艦のクライアント高さは480。
  母艦ハンドルを(デスクトップW-母艦の幅)/2,(デスクトップH-母艦の高さ)/2,母艦の幅,母艦の高さでWS_VISIBLE||WS_CAPTION||WS_SYSMENUに窓ハンドルスタイル設定。
  母艦の可視はオン

 コレじゃダメだったんです。

 API的には、SetWindowLongでスタイル設定後にSetWindowPosでサイズを設定しているんだけど、やっぱりSWP_FRAMECHANGEDするまでは見た目だけじゃ無く反映されてないようで、母艦の幅と高さは元のウィンドウのサイズのままなので、このあとクライアント幅、クライアント高さを言わせると、サイズが変わってしまっている。

 (枠なしからの場合、タイトルバー分があるから顕著だけど、枠可変から枠固定の場合も、枠の幅がちょこっと違うんだよね、コレが;)

 さらに、最初からVISIBLEに設定すると、クライアント幅と高さを設定した時に、違う位置にチラッと見えてしまうため、なんだかムダっぽいけど一旦非表示でスタイルだけ設定した後、再び位置サイズとともにVISIBLEにしてみている。

 の場合、母艦の可視はオフを入れないと、全画面からウィンドウ表示戻る時、全画面の表示が残って(?)おかしなことになるみたい。

(なんでのようにしたんだったか、後からすぐ忘れるので、このように記しておく(爆))

 何か、もっと、無駄の無い手立てがあるかなあ・・・?

トラックバック - http://nadesiko.g.hatena.ne.jp/snowdrops89/20170421