Hatena::Groupnadesiko

雪乃☆雫のなでしこ日和

2018/10/11 (木)

はるかさんを連れてくる!

| 15:12 | はるかさんを連れてくる! - 雪乃☆雫のなでしこ日和 を含むブックマーク はてなブックマーク - はるかさんを連れてくる! - 雪乃☆雫のなでしこ日和 はるかさんを連れてくる! - 雪乃☆雫のなでしこ日和 のブックマークコメント

 さて、うちのお狐様は日本語が話せない問題ですが、前の記事でもちょっとんなようなことは書いていますが、いろいろ検索した結果、MicrosoftOfficeの入っていないWindows7標準では、日本語読み上げ用のエンジンが入っていないらしいことが分かりました。(Officeバージョンがあるっぽい)

 ですが、世の中には様々な裏技があるもので、結構無理矢理系で話せるようにすることが出来ました!

Microsoft Speech Platform を SAPI5 として使う」とゆう裏技です。

https://denspe.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

 ここの記事を参考に、うちで出来るようになった手順を載せます。(win7 64bit版)

 てゆうか、ほぼ記事の通りなんだけどもさー。Yahoo!ジオシティーズまでもがサービス終了とか、世の中は全く油断がなりませんからねー。手元にメモっておかないと~・・・ってか、なでしこ3のお試しプログラム置き場をお引っ越ししなきゃだよ~ヽ(;´Д`)ノ


Microsoft Speech Platform 11をだうんろーどしてくる!

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=27225

 「Download」ボタンを押して、「x86_SpeechPlatformRuntime\SpeechPlatformRuntime.msi」と「x64_SpeechPlatformRuntime\SpeechPlatformRuntime.msi」の二つをダウンロードします。

※32ビット版の人はx64不要です。64ビット版では、x64だけあれば、なでしこ3の「話す」命令で日本語が使えるようになることを確認していますが、x86も入れることで、なでしこ1でもスピーチAPIを使って日本語をしゃべらすことが出来るようになります。

 まあ、AquesTalkが入ってるから別にいいんだけど、なでしこに限らず32ビットのプログラムで使うには必要になるので、折角なら取りあえず入れておいた方が。


Microsoft Haruka 11をだうんろーどしてくる!

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=27224

 「Download」ボタンを押すと、なんかいっぱい出てくるけど「MSSpeech_TTS_ja-JP_Haruka.msi」にチェックを入れてダウンロードします。

 これが、はるかさんです。


③いんすとーるする!

 ダウンロードした3つを全て、順にインストールします。

 英語だけど大丈夫(>_<)/ ふつーに次々行けました。


④レジストリを書き換える!

 これが曲者ですが、この記事のとうりなら、簡単にできました!

 ようするに「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech Server\v11.0\Voices\Tokens\TTS_MS_ja-JP_Haruka_11.0」の内容を「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech\Voices\Tokens\TTS_MS_ja-JP_Haruka_11.0」にっくりコピーするとゆうことなんですが・・・

 最初、なでしこでレジストリをコピーするの作ろうと思ったけど、どうも「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech\Voices\Tokens\TTS_MS_ja-JP_Haruka_11.0」への書き込みがうまく行かないでね(´・ω・`)

 なでしこ1は、64ビットキーにうまくアクセス出来ないんじゃないかという疑いが・・・


④-1 以下の内容を、「MSHaruka.reg」という名前で保存する(.regファイルなら名前は何でもいいけど) 場所もどこでも良いです。作業が終わったら消してしまってOKなので。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech\Voices\Tokens\TTS_MS_ja-JP_Haruka_11.0]
@="Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (ja-JP, Haruka)"
"411"="Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (ja-JP, Haruka)"
"CLSID"="{a12bdfa1-c3a1-48ea-8e3f-27945e16cf7e}"
"LangDataPath"="C:\\Program Files (x86)\\Common Files\\Microsoft Shared\\Speech\\Tokens\\TTS_MS_ja-JP_Haruka_11.0\\MSTTSLocjaJP.dat"
"VoicePath"="C:\\Program Files (x86)\\Common Files\\Microsoft Shared\\Speech\\Tokens\\TTS_MS_ja-JP_Haruka_11.0\\HarukaT"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Speech\Voices\Tokens\TTS_MS_ja-JP_Haruka_11.0\Attributes]
@=""
"Age"="Adult"
"AudioFormats"="18"
"Gender"="Female"
"Language"="411"
"Name"="Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (ja-JP, Haruka)"
"Vendor"="Microsoft"
"Version"="11.0"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Speech\Voices\Tokens\TTS_MS_ja-JP_Haruka_11.0]
@="Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (ja-JP, Haruka)"
"411"="Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (ja-JP, Haruka)"
"CLSID"="{a12bdfa1-c3a1-48ea-8e3f-27945e16cf7e}"
"LangDataPath"="C:\\Program Files (x86)\\Common Files\\Microsoft Shared\\Speech\\Tokens\\TTS_MS_ja-JP_Haruka_11.0\\MSTTSLocjaJP.dat"
"VoicePath"="C:\\Program Files (x86)\\Common Files\\Microsoft Shared\\Speech\\Tokens\\TTS_MS_ja-JP_Haruka_11.0\\HarukaT"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Speech\Voices\Tokens\TTS_MS_ja-JP_Haruka_11.0\Attributes]
@=""
"Age"="Adult"
"AudioFormats"="18"
"Gender"="Female"
"Language"="411"
"Name"="Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (ja-JP, Haruka)"
"Vendor"="Microsoft"
"Version"="11.0"

 元の記事では10.0の情報に、11.0への変更方法が追記されていますが、これは11.0に合わせて作成し直しているのでのまま使えます。

 32ビット版の人、64ビット版でx86は入れないいう人はWow6432Nodeのくだりは要らないので、下半分を消して下さい。


④-2 管理者権限で、「MSHaruka.reg」をダブルクリック(または右クリック→結合)して、結合する。


④-3 コントロールパネル→音声認識→音声合成→音声の選択で「Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (ja-JP, Haruka)」を選択。


 これで、Firefoxでも「こんにちは」と言ってくれるようになりました\(^▽^)/

 しかし、はるかさんは「Google 日本語」よりも、日本語が下手だなぁ(^^;

 「生麦、生ゴメ、生卵」を「なまむぎ、せいごめ、なまたまご」って読んじゃうんですよ~w

 生米と書けば大丈夫ww

ゲスト



トラックバック - http://nadesiko.g.hatena.ne.jp/snowdrops89/20181011