たっけんの気まぐれ撫子日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008年12月04日 木曜日脱出ゲームエディタ~機能解説編~

さて、プログラムを公開してから、かなり日数がたってしまいましたが、このプログラムの基となった描画エディタからの変更点や追加された機能について解説します。

変更点

まず、描画する場所を”全体画像”というイメージ部品の上に描画することにしました。これは、脱出ゲームでは、部屋の描画をするときに壁はどうしても同じようになります。だから、それを背景としての上に描画すれば描画も楽だし、無駄が省けると思ったからです。

また、描画ログのほうは、”全体画像”に描画するようになったので、命令の頭に”全体画像の”がつくようになりました。

あと、保存の拡張子が”.dassyutu”になりました。

追加機能

追加された機能の一つ目は、色検出です。これは、作っていこうとしている脱出ゲームはクリックした場所の色で判定するものを作るので、色検出を使って、クリックした場所の色(数値で表されます)を調べることができます。

二つ目は、描画エディタ作成しているときに付けようと思っていた機能で、めんどくさくて付けていなかった機能です。”塗り色”、”線太さ”、”線色”、”文字サイズ”、”文字色”を設定できるようになりました。色を設定する場合は、エディタ部品のところに16進数でRGBで設定することができます(例:赤→FF00000)。また、色を設定する部分の右側の正方形は設定したRGBがどんな色かを確かめることができます。ここで、注意すべき点は、エディタ部品の中を変えただけでは、描画に反映されない点です。反映させるには、の変更した物の右の”適用”ボタンを押す必要あります(例:線太さを変えた場合は上から2番目の”適用”ボタン)。

最後に

ここまでが、変更点、追加された機能の紹介です。

まだ、このプログラムは、

●ほげほげ
 ほげほげする

のようにまとめていないので非常に見難いです。だから、これからこのようにまとめる作業に入ろうと思っています。また、このプログラムに無駄な部分が含まれている場所があればアドバイスを頂けるとうれしいです。

トラックバック - http://nadesiko.g.hatena.ne.jp/takken123/20081204