matumatuのなでしこ学習帳

2008-02-27本日は、なでしこ本 P.81の学習です

学習レベルを判定した結果 LV = 3: HP = 148 : MP = 300

00:00

  • 完了予想日数 = 462 → 459 改善
    • 完了予想年月日 = 2009/06/02 → 2009/05/31 改善
      • はてなカウンター値 = 18375
        • 学習開始日から本日までの日数 =105日

学習が進み、数値が改善した。


下記のプログラム「タイムカード.nako」は、

00:00

なでしこ本CDROM → sample → 03-03

に入っているプログラムです。


# 勤務データをCSV形式で代入
勤務データは「開始時間,終了時間
09:58:10, 14:00:05
09:30:00, 14:01:10
13:00:38, 19:00:04
13:14:50, 19:00:10」

# 繰り返す構文でデータを計算
出勤日数は勤務データの要素数
合計時間は0
Cで1から(出勤日数-1)まで繰り返す
  開始時間は勤務データ【C,0】
  終了時間は勤務データ【C,1】
    開始時間から終了時間までの分差
  合計時間=合計時間+それ。

# 給料を算出
時給は800円
分休は時給÷60
給料はINT(分休×合計時間)
「合計{合計時間}分の労働
給料は{給料}円」と言う。

  • 動作結果 : 「タイムカード」さすが、

         サンプルプログラムなので、

        「合計1217分の労働

         給料は16226  」と正常に表示した。

         ただし、プログラム中の誤字を見つけました。

        「分休」は、「分給」が正しいと思います。

        「分休」だと、1分単位でさぼっている

         と見なされます。 (^_^;)


次に、社長が優しい会社は分単位で時給を計算し、

00:00

社長が厳しい会社は30分未満四捨五入した時給計算の場合、

どれだけ、給料にが出るか計算するように改造しました。


プログラム名「タイムカードA.nako」

00:00

# タイムカード (改造版)
# 社長が優しい会社は分単位で時給を計算し、
# 社長が厳しい会社は30分未満を四捨五入した時給計算の場合、
# どれだけ、給料に差が出るか計算するように改造しました。

# 勤務データをCSV形式で代入
勤務データは「開始時間,終了時間
09:58:10, 14:00:05
09:30:00, 14:01:10
13:00:38, 19:00:04
13:14:50, 19:00:10
13:14:50, 19:44:50
13:14:50, 19:43:50」

# 繰り返す構文でデータを計算1
出勤日数は勤務データの要素数
合計時間は0
Cで1から(出勤日数-1)まで繰り返す
  開始時間は勤務データ【C,0】
  終了時間は勤務データ【C,1】
    開始時間から終了時間までの分差
  合計時間=合計時間+それ。

# 給料を算出1
時給は800円
分給は時給÷60
給料はINT(分給×合計時間)
「合計{合計時間}分の労働
給料は{給料}円」と表示。

# 繰り返す構文でデータを計算2
出勤日数は勤務データの要素数
合計時間は0
Cで1から(出勤日数-1)まで繰り返す
  開始時間は勤務データ【C,0】
  終了時間は勤務データ【C,1】
    勤務データ【C,2】 = 開始時間から終了時間までの時間差
  合計時間=合計時間+それ。

# 給料を算出2
時給は800円
給料はINT(時給×合計時間)
「合計{合計時間}時間の労働
給料は{給料}円」と表示。

  • 動作結果 : の改造プログラムを動作させると、

       「合計1996分の労働」

        給料は26613  」

       「合計34時の労働」

        給料は27200  」と表示された。

        つまり、時単位の方が、587多く給料をもらえるので、

       「社長が優しい会社は分単位で時給を計算」とは、矛盾します。 (^_^;)

        手計算で検証した結果、下記のように学習した。

        1.なでしこの分差は、 31秒以上の端数を1分に切り上げ

        2.なでしこの時間差は、30分以上の端数を1時切り上げ

        3.この為、勤務時の端数を毎日30分にすると、給料が増えます。

        4.私の勤めている会社では、30分単位で端数処理した時の

          誤が、毎日加算されないように、1か月分の合計値に、

          30分単位の端数がある場合にのみ、端数処理しているので、

          アルバイトの人が、時の端数処理による収入増加を考えても、

          あまり期待できません。 (^_^;)


明日の予定

00:00

なでしこ本 P.82に進む予定です。

ゲスト



トラックバック - http://nadesiko.g.hatena.ne.jp/matumatuh18/20080227