mrのなでしこ学習帳 RSSフィード

2008-08-27

コミッタ

はてなブックマーク - コミッタ - mrのなでしこ学習帳

Delphiにはタッチしない形でも、なでしこのソースを書くような形でも、コミッタとしてできることは結構いろいろあるのではないかというような気が、なんとなく一瞬した。

FormatDateTime

はてなブックマーク - FormatDateTime - mrのなでしこ学習帳

日時形式変換 - なでしこ リファレンスに関してクジラさんからコメントいただきました。

Delphi の FormatDateTime 互換なのだそうです。

Delphi Acid Floor

「{今日} {}」を「aaa」に日時形式変換して表示  #曜日を(日~土)表示する。                     水      
「{今日} {}」を「aaaa」に日時形式変換して表示  #曜日を(日曜日~土曜日)表示する。            水曜日
「{今日} {}」を「d」に日時形式変換して表示  #日付の先頭をゼロ無しで表示する。(1~31)        27
「{今日} {}」を「dd」に日時形式変換して表示  #日付の先頭をゼロ有りで表示する。(01~31)      27
「{今日} {}」を「ddd」に日時形式変換して表示  #曜日を(Sun~Sat)で表示する。                 水        ←違
「{今日} {}」を「dddd」に日時形式変換して表示  #曜日を(Sunday~Saturday)で表示する。        水曜日    ←違
「{今日} {}」を「e」に日時形式変換して表示  #和暦年をゼロ無しで表示する。                   20
「{今日} {}」を「ee」に日時形式変換して表示  #和暦年をゼロ有りで表示する。                  20
「{今日} {}」を「g」に日時形式変換して表示  #元号を(M,T,S,H)で表示する。                    平        ←違
「{今日} {}」を「ggg」に日時形式変換して表示  #元号を(明治,大正,昭和,平成)で表示する。      平成
「{今日} {}」を「m」に日時形式変換して表示  #月をゼロ無しで表示する。                       8
「{今日} {}」を「mm」に日時形式変換して表示  #月をゼロ有りで表示する。                      08
「{今日} {}」を「mmm」に日時形式変換して表示  #月を(Jan~Dec)で表示する。                   8         ←違
「{今日} {}」を「mmmm」に日時形式変換して表示  #月を(January~December)で表示する。         8月       ←違
「{今日} {}」を「yy」に日時形式変換して表示  #西暦年を2桁で表示する。(00~99)              08
「{今日} {}」を「yyyy」に日時形式変換して表示  #西暦年を4桁で表示する。(0000~9999)        2008
「{今日} {}」を「h」に日時形式変換して表示  #時をゼロ無しで表示する。(0~23)                22
「{今日} {}」を「hh」に日時形式変換して表示  #時をゼロ有りで表示する。(00~23)              22
「{今日} {}」を「n」に日時形式変換して表示  #分をゼロ無しで表示する。(0~59)                33
「{今日} {}」を「nn」に日時形式変換して表示  #分をゼロ有りで表示する。(00~59)              33
「{今日} {}」を「s」に日時形式変換して表示  #秒をゼロ無しで表示する。(0~59)                41
「{今日} {}」を「ss」に日時形式変換して表示  #秒をゼロ有りで表示する。(00~59)              41
「{今日} {}」を「am/pm」に日時形式変換して表示  #amもしくはpmを表示する。                   pm
「{今日} {}」を「a/p」に日時形式変換して表示  #aもしくはpを表示する。                       p
「{今日} {}」を「/」に日時形式変換して表示  #区切り/を表示する。                          /
「{今日} {}」を「:」に日時形式変換して表示  #区切り:を表示する。                          :

なるほど。

ただ、英語のところが微妙に違うところがあるようです。

(環境によるのかも)