mrのなでしこ学習帳 RSSフィード

2008-10-22

リッチエディタでプログラミング その2

はてなブックマーク - リッチエディタでプログラミング その2 - mrのなでしこ学習帳

クジラさんからのリクエストにお応えして、もう少しウダウダと書いてみます。

なでしこのプログラムのソースは、プレインテキストです。

これを、なでしこの文法解析エンジン(?)が、おらくとても複雑な処理をして、「これ変数」「これ関数」「これはコメント」「これは助詞」とか、判断しているのだと思います。おらく。

しかし、このために、なでしこでは、変数に使える文字に制限があったりします。特にひらがなについては、一部つかえなかったりするのでやっかいです。

こういうときに、文字列を、リッチエディタで太字にするような感覚で、「これ変数です」という装飾をつけることができれば、このような制限から開放されて、よりシンプルでわかりやすい言語仕様にできるのではないかと思ったりした次第です。

以上」の処理について、「5以上」はOKで、「n以上」はNGいうようなことになってしまうような事象に関しても、「n」は変数ですよ(逆に言えば「以上」は変数ではないですよ)ということが明示できればいいわけで。

これを例外的に「(n)以上」などと書く形で対応しようとすると、文字数が増えてしまうし、ソースがややこしそうになってしまうので、属性を与える(表示上は、例えば太字になるとかで判別できる)ことができれば、可読性の高いソースが書けて良いのではないかと思ったりする、というお話でした。

ちなみに、ここ言う「リッチエディタ」とは、おおざっぱに言うと「ワードパッド」みたいな感じのイメージとして使用しております。

う~ん、やっぱり分かりにくいかも。

kujirahandkujirahand2008/10/23 13:06なるほど!単語ごとに属性値を持たせる感じですよね。今は簡単な色分け程度しかできていませんが、これをより詳しく情報を表示するという具合ですね。確かに、これができれば、読みやすく分かりやすく、また、文法の説明読まなくてもプログラミングできるようになるかもしれませんね。